給料研究所



年収と結婚率の関係

 所得の金額によって結婚の可能性がどのように変化するかを示したのが下のグラフです。傾向として年収が高いほど結婚の可能性が高まることが見てとれます。特に男性の場合、年収が200万円より上か下かで大きく差があることがわかります。ひょっとしたらこれは正規社員と非正規社員の格差を表しているのではないでしょうか。また、女性も年収に比例して結婚率が変化しているのは注目に値します。女性であっても結婚の可能性を高めるにはある程度の所得を確保しておく必要があるようです。

 




このサイトはリンクフリーです。

スポンサード リンク

メニュー




  • リンク
 ┣就職@2ch掲示板
 ┣大学研究所
 ┣公務員給与研究所
 ┣政令指定都市研究所
 ┗警視庁捜査一課

 

 

inserted by FC2 system